1

ハーバード・スミソニアン天体物理学センターが発刊するICQ(The International Comet Quarterly)は、30年ぶりに一番明るい彗星であるマックノート彗星 (C/2006 P1)が登場したと11日に明らかにした。 ……続きを読む

どのような教会がなぜ成長して、どのような教会が停滞しているのだろうか。アメリカのクリスチャンポスト紙は、アメリカにある884の教会を調査した報告書を引用して、教会成長に影響を及ぼす原因をあげ、9日に報道した。 ……続きを読む

1

ロッキーが帰ってきた。「ロッキー」シリーズの6作目、「ロッキー・バルボア」がアメリカでクリスマスに封切られた。
16年ぶりに製作された「ロッキー」は、映画ファンだけでなく、クリスチャンにとっても嬉しいプレゼントのようだ。 ……続きを読む

1

2007年、気象観測史上一番暑くなると予測されたと、イギリス、インディペンデント紙が1日報道した。
イギリスのイーストエングローリア大学気候研究所所長ビル・ジョーンズ教授は、異常気象現象であるエルニーニョと地球温暖化が重なり、今年類を見ない暑さが地球を襲うと予想した。 ……続きを読む

今年の末には、世界的に有名な名門大学であるアメリカマサチューセッツ工科大学(MIT)の1800の全科講義が無料で聴講できるようになると、アメリカのクリスチャンサイエンスモニター(CMS)が4日報道した。 ……続きを読む

1

2007年を絶滅の危機にある海洋生物の年に定めて、各種保護運動が展開されている。UN環境計画(UNEP) 移動性野生動物種保全協約(CMS,Convention on Migratory Species) 事務局は、2日ホームページ上で、2007年を迎えて「イルカの年」キャンペーンを始めると明らかにした。 ……続きを読む

日本の小学生10人に3人、中学生10人に5人は視力が1.0未満だという。読売新聞は、22日文部科学省が4~6月に検診を受けた全国の幼稚園、小学生、中学生、高校生336万名の統計を分析した結果、視力が1.0未満の小学生の割合が、昨年に比べ、0.7%増加して、27.2%と集計された。 ……続きを読む

1
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の法務長官出身の有名な前職判事が、飲酒運転事故の後、病院で採取した血中アルコール濃度分析のための血液サンプルが警察に渡る前に、これを密かに隠したという。 ……続きを読む

クリスマスにさびしい思いをする人たちのための「ブルークリスマス礼拝」が、アメリカに広がっていると20日報道された。
クリスマスは、大部分の人にとっては嬉しくて楽しい日だが、反対に耐えられないつらい日となる人々もいる。例えば伴侶と死別した人、離婚した人、一人暮らしの人など、現代人の生活様式は、社会的な孤立感を持つ人々を多く生み出している。 ……続きを読む

1
ブラジルのサッカー選手ロナウジーニョ(FCバルセロナ)が、学校のいじめや集団いじめ問題で悩む日本の青年たちにこのような直筆のメッセージを書いて送ったと、18日に本の時事通信が伝えた。 ……続きを読む

Next Page »